COMPANY

会社概要

現代から未来に
発展する特殊建築技術

会社名 株式会社横河システム建築( Yokogawa System Buildings Corp. )
設立日 2001年 8月 1日
営業開始日 2002年 4月 1日
資本金 4.5億円
建設業許可 国土交通大臣許可(特-28)第19455号
工場認定 国土交通大臣許可 TFBH-162162
株主 株式会社横河ブリッジホールディングス(全株式保有)
役員
代表取締役社長執行役員
桒原 一也 (ICT推進室・営業管理部・東京営業部・大阪営業部・設計部担当)
取締役常務執行役員
髙柳 隆  (特殊建築部・香港支店・カイタックプロジェクト室担当)
取締役
藤井 久司 
執行役員
小林 紀之 (調達室担当)
執行役員
齋藤 浩志 (監査室・総務第一部・総務第二部担当)
執行役員
藤井 優次 (安全品質管理室担当)
執行役員
太田 忠  (千葉工場長・生産情報部・大阪技術部・茂原工場担当)
執行役員
合川 聖二郎(企画経理部・東京工事部・大阪工事部・工事管理部担当)
常勤監査役
及川 雅由 
監査役
廣川 亮吾 
沿革
1907年2月
横河民輔が横河橋梁製作所を創業
1918年5月
株式会社横河橋梁製作所に組織を変更
1964年
開閉屋根の事業開始
1980年
Y.M.A.(Yokogawa Movable Architecture)を商品化。可動屋根1件目竣工
1990年12月
YMAシステムが可動上屋の設計手法として国内初の一般評定を取得
1991年10月
社名を株式会社横河橋梁製作所から株式会社横河ブリッジに変更
1992年
可動屋根50件目達成
1997年4月
可動屋根100件目達成、こまつドーム 可動屋根竣工
2002年4月
株式会社横河システム建築が営業開始
2003年3月
ノエビアスタジアム神戸 可動屋根竣工
2004年
香港沙田競馬場 パドック可動屋根竣工
2006年10月
特殊建築事業が株式会社横河ブリッジから株式会社横河システム建築へ事業譲渡
2007年6月
河口湖ステラシアター 可動屋根竣工
2009年
可動屋根150件目達成
2010年10月
特殊建築部を創部
2016年
可動屋根160件目達成
2020年2月
カイタックスポーツパーク メインスタジアム可動屋根を受注(2023年10月竣工予定)
関連会社